騒音を出す改造例

通勤通学やお買い物など様々な場面で活躍させる事が出来る自動車は一家に一台無くてはならない存在ですが、中にはそんな自動車に違法改造を施して周りに迷惑をかけている人もいます。特に違法改造車による騒音問題は非常に根深い存在で、騒音のせいで健康被害まで訴えるようになった人までいるそうです。そんな騒音を撒き散らす違法改造とはどのようなものなのでしょうか。

 
騒音に関係するカスタマイズは色々ありますが、特に多くの方が行っている改造の一つがマフラーの交換や加工です。車検に通るような純正のカスタマイズを行っている方も多いのですが、中には純正品を自分でカットして短くしたり穴を開けたりすることでより大きな音が出るように加工する人もいます。またあまり数はいませんが騒音を発するという点ではミュージックホーンというパーツの取り付けも大きな音を出すために行われています。

 

この装備はクラクションの音を変更してメロディーなどを流す事が出来るようにするための装備で、そういった改造車のフロントを見てみると通常装備されていないようなパーツが取り付けているのが確認できるはずです。そういう加工をした場合は当然違法改造になるので、しかるべきところに報告するようにしましょう。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。