どこから不正なのか

自動車の違法改造による被害は非常に多く騒音などのせいで夜眠れなくなってしまったという方も少なくありません。そんな自動車の違法改造を防止するために走行中の自動車を調べることもあるそうなのですが、そうした取締りの際に違法改造が確認された自動車に乗っている人の中には自分が行った改造が違法改造だとは知らなかったという方もいるのだそうです。自分は違法改造をしていないと思っていても実は違法改造を行っているかもしれないので、自動車の改造を行なっているという方は違法改造を知らないうちに行っていないかチェックしてみましょう。

 
自動車の改造は違法出ない限りはどんな事を行っても構わないのですが、中には違法改造だと知らないまま改造してしまっている方も大勢います。違法改造かどうかの境目は物によっては中々分からないものも多いので自動車を改造する際は注意が必要です。騒音問題に発展するマフラーなどの改造の場合だとマフラーの切断や穴あけなどの加工や取り外しなどは違法改造にあたるので、法律内で改造したいという場合はライセンスを通っているマフラー交換だけにとどめておきましょう。さらに取り付けを甘くしてしまったときも大きな音が出るので取り付けの際はしっかり取り付けるよう確認を忘れないようにしてください。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。